ベネチア国際映画祭・ベネツィア国際映画祭

 
ベネチア国際映画祭 Venezia 受賞作品
ベネチア国際映画祭 Venezia 公式サイト   
2011年(第68回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
-  
審査員特別賞
-    
主演男優賞
-    
主演女優賞
-  
特別監督賞
-    
オゼッラ賞
-  
脚本賞
-  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
-  

2010年(第67回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
『SOMEWHERE』ソフィア・コッポラ(SOFIA COPPOLA)監督  
監督賞・銀獅子賞
アレックス・デ・ラ・イグレシア(ALEX DE LA IGLESIA)監督 『BALADA TRISTE DE TROMPETA』  
審査員特別賞
『ESSENTIAL KILLING』イエジー・スコリモフスキ(JERZY SKOLIMOWSKI)監督    
主演男優賞
ヴィンセント・ギャロ(VINCENT GALLO)『ESSENTIAL KILLING』 
主演女優賞
アリアーヌ・ラベッド(ARIANE LABED)『ATTENBERG』   
オゼッラ賞
『SILENT SOULS』  
オゼッラ賞・脚本賞
『BALADA TRISTE DE TROMPETA』  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ミラ・クニス(MILA KUNIS)『BLACK SWAN』  

2009年(第66回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
『LEVANON (LEBANON)/レバノン』 サミュエル・マオス(SAMUEL MAOZ)監督 国:イスラエル
監督賞・銀獅子賞
『シリン・ネシャット(SHIRIN NESHAT)監督 『WOMEN WITHOUT MEN/女たち』 国:ドイツ サミュエル・マオス(SAMUEL MAOZ)監督 国:イスラエル
審査員特別賞
『SOUL KITCHEN/ソウル・キッチン』 ファティ・アキン(FATIH AKIN)監督 国:ドイツ』    
主演男優賞
コリン・ファース(COLIN FIRTH) 『A SINGLE MAN/ア・シングル・マン』 国:アメリカ   
主演女優賞
クセニア・ラポポルト(KSENIA RAPPOPORT) 『LA DOPPIA ORA/ラ・ドッピオ・オラ(対の時間)』 国:イタリア
オゼッラ賞
トッド・ソロンズ(TODD SOLONDZ) 『LIFE DURING WARTIME/戦時下の生活』 国:アメリカ  
シルビア・オリベ(SYLVIE OLIVE)『MR. NOBODY/ミスター・ノーボディ』国:フランス 『LIFE DURING WARTIME/戦時下の生活』 国:アメリカ  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ジャスミン・トリンカ(JASMINE TRINCA)『IL GRANDE SOGNO/大きな夢』国:イタリア  

2008年(第65回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
Sanxia Haoren (Still Life)/三峡好人(ジャ・ジャンクー監督)
新発見賞・銀獅子賞
エマヌエル・クリアレーゼ監督【Nuovomondo(Golden Door)/ゴールデン・ドア】    
審査員特別賞
Daratt(Dry Season)/ドライ・シーズン(マハマット・サレハルン監督)    
主演男優賞
ベン・アフレック【Hollywoodland/ハリウッドランド】   
主演女優賞
ヘレン・ミレン【The Queen/クイーン】   
特別監督賞
アラン・レネ監督【Coeurs(Private Fears in Public Places)/心】   
オゼッラ賞
エマヌエル・ルベツキ【Children of Men/トュモロー・ワールド】  
脚本賞
アラン・レネ監督【Coeurs(Private Fears in Public Places)/心】  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
イジルド・ル・ベスコ【L'intouchable(The Untouchable)/アンタッチャブル】    

2007年(第64回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
 Se, jie (Lust, Caution)/ラスト、コーション(アン・リー監督)  
審査員特別賞
La Graine et le mulet/ザ・シークレット・オブ・ザ・グレイン(アブデラティフ・クシシュ監督)    
I'm not There/アイム・ノット・ゼア(トッド・ヘインズ監督)    
主演男優賞
ブラッド・ピット【ジェシー・ジェームス暗殺】   
主演女優賞
ケイト・ブランシェット【I'm not There/アイム・ノット・ゼア】  
特別監督賞
ブライアン・デ・パルマ監督【Redacted/リダクティッド】  
オゼッラ賞
ロドリゴ・プリエト【Se, jie (Lust, Caution)/ラスト、コーション】  
ポール・ラバティ【It' a Free World.../イッツ・ア・フリー・ワールド…】  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ニキータ・ミハルコフ監督【12】    

2006年(第63回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
Sanxia Haoren (Still Life)/三峡好人(ジャ・ジャンクー監督)  
新発見賞・銀獅子賞
エマヌエル・クリアレーゼ監督【Nuovomondo(Golden Door)/ゴールデン・ドア】  
審査員特別賞
主演男優賞:フィリップ シーモア・ホフマン『カポーティ』    
主演男優賞
ベン・アフレック【Hollywoodland/ハリウッドランド】   
主演女優賞
ヘレン・ミレン【The Queen/クイーン】   
特別監督賞
アラン・レネ監督【Coeurs(Private Fears in Public Places)/心】  
オゼッラ賞
エマヌエル・ルベツキ【Children of Men/トュモロー・ワールド】  
脚本賞
アラン・レネ監督【Coeurs(Private Fears in Public Places)/心】  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
イジルド・ル・ベスコ【L'intouchable(The Untouchable)/アンタッチャブル】    

2005年(第62回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン(アン・リー監督)  
審査員特別賞
Mary/マリア(アベル・フェラーラ監督)    
主演男優賞
デヴィッド・ストラザーン【Good Night, and Good Luck/グッドナイト&グッドラック】   
主演女優賞
ジョバンナ・メッツォジョルノ【La bestia nel cuore/ラ・ベスティア・ネル・クオーレ】   
特別監督賞
フィリップ・ガレル監督【Les Amants reguliers/レ・ザマン・レギュリエ】   
オゼッラ賞
ウィリアム・ルプシャンスキー【Les Amants reguliers/レ・ザマン・レギュリエ】  
脚本賞
ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロフ【Good Night, and Good Luck/グッドナイト&グッドラック】  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
Menothy Cesar【Vers le sud】    

2004年(第61回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ベラ・ドレイク[マイク・リー監督]  
審査員特別賞
アウト・トゥー・シー[アレハンドロ・アメナバール監督]    
主演男優賞
ハビエル・バルデム【アウト・トゥー・シー】   
主演女優賞
イメルダ・スタントン【ベラ・ドレイク】   
特別監督賞
キム・キドク監督【Binjip/空き家】  
オゼッラ賞
ハウルの動く城[宮崎駿監督]  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
Marco Luisi、Tommaso Ramenghi【Lavorare con lentezza. Radio Alice 100.6 MHz】    
   
2003年(第60回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
父、帰る[アンドレイ・ズヴャギンツェフ監督]  
審査員特別賞
Le cerf-volant/凧(たこ)[ランダ・S・サバージ監督]    
主演男優賞
ショーン・ペン【21グラム】   
主演女優賞
カーチャ・リーマン【Rosenstrasse/ローゼン通り】   
特別監督賞
北野武監督【座頭市】  
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ナジャ・ベンサレーム【Raja/ラジャ】    
特別貢献賞
マルコ・ベロッキオ【Buongiorno, notte/おはよう、夜よ】    
短編フィルム賞
NEFT (THE OIL) / ムラード・イブラギムベコフ監督    

2002年(第59回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
マグダレンの祈り / ピーター・ミュラン監督 (イギリス)  
審査員特別賞
主狂気の家 / アンドレイ・コンチャロフスキー監督    
主演男優賞
ステファノ・アコルシ / 【愛という名の旅】   
主演女優賞
ジュリアン・ムーア / 【エデンより彼方に】   
特別監督賞
イ・チャンドン監督 / 【オアシス】   
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ムーン・ソリ / 【オアシス】  
特別貢献賞
エド・ラックマン / 【エデンより彼方に】  
短編フィルム賞
クラウン / [イリーナ・イフティーバ監督]  

2001年(第58回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
モンスーン・ウェディング / ミーラ・ナイール監督(インド)  
審査員特別賞
Hundstage[ウルリッヒ・ザイドル監督](オーストリア)    
主演男優賞
ルイジ・ロ・カーチョ / 【ぼくの瞳の光】(イタリア)   
主演女優賞
サンドラ・チェッカレッリ / 【ぼくの瞳の光】(イタリア)   
監督賞
ババク・パヤミ監督 / 【1票のラブレター】(イラン/イタリア)   
脚本賞
天国の口、終りの楽園 / 監督: アルフォンソ・キュアロン (メキシコ)
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ / 【天国の口、終りの楽園】/ 監督: アルフォンソ・キュアロン    

2000年(第57回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
チャドルと生きる / [ジャファル・パナヒ監督監督](イラン)  
審査員グランプリ賞
ハヴィエル・バルデム / 【夜になるまえに】    
主演男優賞
主演女優賞:ヒラリー・スワンク(ボーイズ・ドント・クライ)   
主演女優賞
ローズ・バーン【1967年の女神】   
特別監督賞
ブッダデーブ・ダスグプラ監督【レスラー】(インド)  
脚本賞
クラウディオ・ファヴァ、モニカ・ザッペリ、      マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ【百の階段】(イタリア)
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)
ミーガン・バーンズ【がんばれ、リアム】(イギリス)    
最優秀アジア賞)
プラットホーム[ジャ・ジャンクー監督](香港/日/仏)    

1999年(第56回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ノット・ワン・レス[チャン・イーモウ監督](中国)  
グランド審査員賞
風が吹くまま[アッバス・キアロスタミ監督](イラン)    
主演男優賞
ジム・ブロードベント【トプシー・ターヴィー】   
主演女優賞
ナタリー・バイ【ポルノグラフィッック・アフェア】   
特別監督賞
チャン・ユアン監督【十七年間】   

1998年(第55回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
コシ・リデバノ(イタリア)  
主演男優賞
ショーン・ペン【ハーリーバーリー】   
主演女優賞
カトリーヌ・ドヌーブ【プラス・バンドム】   
監督賞
エミール・クストリッツァ【黒猫、白猫】   

1997年(第54回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
HANA-BI(日本)  
主演男優賞
ウェズリー・スナイプス(ワン・ナイト・スタンド)   
主演女優賞
ロビン・タニー(ナイアガラ、ナイアガラ)   

1996年(第53回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
マイケル・コリンズ(アイルランド)  
主演男優賞
リーアム・ニースン(マイケル・コリンズ)   
主演女優賞
ヴィクトワール・ティヴィソル(ポネット)   
監督賞
アルトゥーロ・リプスタイン(ディープ・クリムゾン)   

1995年(第52回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
シクロ(仏・ベトナム)  
主演男優賞
ゲッツ・ゲオルグ(殺人者)   
主演女優賞
サンドリーヌ・ボネール   
イザベル・ユペール(儀式)   

1994年(第51回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ビフォー・ザ・レイン(マケドニア)  
金獅子賞
愛情万歳(台湾)    
主演男優賞
シャ・ユウ(陽のあたる日々)   
主演女優賞
マリア・デ・メデイロス(三人兄弟)   

1993年(第50回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ショート・カッツ(アメリカ)
金獅子賞
トリコロール/青の愛(仏・スイス・ポーランド)    
主演男優賞
ファブリツィオ・ベンティボグリオ(A Soul Tom in Two)   
主演女優賞
ジュリエット・ビノシュ(トリコロール/青の愛)   

1992年(第49回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
秋菊の物語(中国)  
主演男優賞
ジャック・レモン(摩天楼を夢みて)   
主演女優賞
コン・リー(秋菊の物語)   

1991年(第48回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ウルガ(フランス)  
主演男優賞
リバー・フェニックス(マイ・プライベート・アイダホ)   
主演女優賞
ティルダ・スウィントン(エドワーズII)   

1990年(第47回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ(イギリス)  
主演男優賞
オレッグ・ボリソフ(たったひとりの目撃者)   
主演女優賞
グロリア・ミュンヒメイヤー(「鏡」の中の目)   
監督賞
マーチン・スコセッシ(グッドフェローズ)   

1989年(第49回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
非情都市(台湾)  
主演男優賞
マルチェロ・マストロヤンニ   
マッシモ・トロイージ(今何時?)   
主演女優賞
ジェラルディン・ジェームズ   
ペギー・アシュクロフト(お帰りなさい、リリアン)   

1988年(第48回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
聖なる酔っぱらいの伝説(イタリア)  
主演男優賞
ドン・アメチー   
ジョー・モンティーニャ(週末はマフィアと)   
主演女優賞
イザベル・ユペール(主婦マリーがしたこと)   
シャーリー・マクレーン(マダム・スザーツカ)   
監督賞
テオ・アンゲロプロス(霧の中の風景)   

1987年(第47回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
さよなら子供たち(フランス)  
主演男優賞
ジェームズ・ウィルビー    
ヒュー・グラント(モーリス)   
主演女優賞
カン・ヨースン(シバジ)   

1986年(第46回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
緑の光線(フランス)  
主演男優賞
カルロ・デッレ・ピアーネ(クリスマス・プレゼント)    
主演女優賞
ヴァレリア・ゴリノ(愛の物語)   

1985年(第45回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
冬の旅(フランス)  
主演男優賞
ジェラール・ドバルデュー(ソフィー・マルソーの刑事物語)   
主演女優賞
緑の光線(フランス)   

1984年(第44回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
太陽の年(米・西独・ポーランド)  
主演男優賞
ナッセルツディン・シャー(横断)   
主演女優賞
パスカル・オジェ(満月の夜)   

1983年(第40回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
カルメンという名の女(仏・スイス)  
主演男優賞
マシュー・モディン、マイケル・ライト(ストリーマーズ若き兵士たちの物語) 、   
ミッチェル・リヒテンシュタイン(ストリーマーズ若き兵士たちの物語)   
デビッド・アラン・グリア(ストリーマーズ若き兵士たちの物語)   
ガイ・ボイド、ジョージ・ズンザ(ストリーマーズ若き兵士たちの物語)   
主演女優賞
ダーリン・レジディムス(マルチニックの少年)   

1982年(第39回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ことの次第(西ドイツ)  

1981年(第38回)回数変更
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
鉛の時代(西ドイツ)  

1980年(第35回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
グロリア(アメリカ)  
アトランティック・シティ(カナダ)  

1979年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1978年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1977年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1976年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1975年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1974年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1973年(第34回)開催中止
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1972年(第33回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当なし  

1971年(第32回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当なし  

1970年(第31回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当なし  

1969年(第30回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当なし  

1968年(第29回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
テントの下のサーカスの芸人たち(西ドイツ  
主演男優賞
ジョン・マーレー(顔)    
主演女優賞
ラウラ・ベッティ(テオレマ)   

1967年(第28回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
昼 顔(フランス)  
主演男優賞
リュビサ・サマルジッチ(夜明け)   
主演女優賞
シャーリー・ナイト(ダッチマン)   

1966年(第27回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
アルジェの戦い(伊・アルジェリア)  
主演男優賞
ジャック・ペラン(半人前の男)(ラ・ブスカ)   
主演女優賞
ナターシャ・アリンバサーロウ(最初の教師)   

1965年(第26回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
熊座の淡き星影(イタリア)  
主演男優賞
三船 敏郎(赤ひげ)   
主演女優賞
アニー・ジラルド(マンハッタンの哀愁)   

1964年(第25回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
赤い砂漠(イタリア)  
主演男優賞
トム・コートネイ(銃殺)   
主演女優賞
アハリエット・アンデルソン(愛する)   

1963年(第24回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
都会を動かす手(イタリア)  
主演男優賞
アルバート・フィニー(トム・ジョーンズの華麗な冒険)    
主演女優賞
デルフィーヌ・セイリグ(ミュリエル)   
主演女優賞

1962年(第23回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
家族日誌(イタリア)  
主演男優賞
バート・ランカスター(終身犯)   
主演女優賞
エマニュエル・リヴァ(テレーズ・デケイルー)   

1961年(第22回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
去年マリエンバートで(フランス)  
主演男優賞
三船 敏郎(用心棒)   
主演女優賞
シュザンヌ・フロン(汝殺すなかれ)   

1960年(第21回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ラインの仮橋(フランス)  
ジョン・ミルズ(栄光の旋律)   
主演女優賞
シャーリー・マクレーン(アパートの鍵貸します)   

1959年(第20回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ロベレ将軍(イタリア)  
戦 争(イタリア)    
主演男優賞
ジェームズ・スチュアート(或る殺人)   
主演女優賞
マドレーヌ・ロバンソン(二重の鍵)   

1958年(第19回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
無法松の一生(日本)  
主演男優賞
アレック・ギネス(馬の口)    
主演女優賞
ソフィア・ローレン(黒い蘭)   

1957年(第18回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
大河のうた(インド)  
主演男優賞
アンソニー・フランシオサ(夜を逃れて)    
主演男優賞
ジドラ・リテンベルグス(Malva)   

1956年(第17回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当作品なし  
主演男優賞
ブールヴィル(パリ横断)    
主演女優賞
マリア・シェル(居酒屋)   

1955年(第16回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
奇 跡(デンマーク)  
主演男優賞
ケネス・モア(愛情は深い海のごとく)    
クルト・ユンゲンス(悪の決算)   

1954年(第15回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
ロミオとジュリエット(イタリア)  
主演男優賞
ジャン・ギャバン(現金に手を出すな)(われら巴里っ子)   

1953年(第14回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
該当作品なし  
主演男優賞
アンリ・ヴィルベール(邪心なき顔)   
リリー・パルマー(四本柱の寝台)   

1952年(第13回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
禁じられた遊び(フランス)  
主演男優賞
フレデリック・マーチ(セールスマンの死)    

1951年(第12回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
羅生門(日本)  
主演男優賞
ジャン・ギャバン(夜はわがもの)    
主演女優賞
ヴィヴィアン・リー(欲望という名の電車)  

1950年(第11回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
裁きは終りぬ(フランス)  
主演男優賞
サム・ジャフェ(アスファルト・ジャングル)   
主演男優賞
エレノア・パーカー(篭に入れられた者)   

1949年(第10回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
金獅子賞
娼婦マノン(フランス)  
主演男優賞
ジョゼフ・コットン(ジェニーの肖像)   
主演男優賞
アウグスト・ジェニーナ(沼地の上の空)   

1948年(第9回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
ハムレット(イギリス)
エルンスト・ドイッチュ(審判)  
最も感動的な映画賞
主演男優賞:ポール・ルーカス(ラインの監視)    
ジーン・シモンズ(ハムレット)   
監督賞
Wパプスト(審判)    

1947年(第8回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
グランプリ
シレーナ(チェコスロバキア)  
主演男優賞
ピエール・フレネー(聖バンサン)   
主演女優賞
アンナ・マニャーニ(婦人代議士アンジェリーナ)    
監督賞
アンリ・ジョルジュ・クルーゾー(犯罪河岸)    

1946年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1945年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1944年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1943年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1942年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1942年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1941年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1940年(開催中止)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
開催中止
-  

1939年(第7回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
最優秀イタリア映画賞
アブナ・メシアス(イタリア)  

1938年(第6回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
ムッソリーニ杯
民族の祭典(ドイツ)  
ムッソリーニ杯
美の祭典(ドイツ)    
ムッソリーニ杯
空征かば(イタリア)   
主演男優賞
レスリー・ハワード(ヒグマリオン)   
主演女優賞
ノーマ・シアラー(マリー・アントワネットの生涯)    

1937年(第5回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
最優秀イタリア映画賞
シピオネ(イタリア)  
最優秀外国映画賞
舞踏会の手帖(フランス)    
主演男優賞
エミール・ヤニングス(支配者)   
主演女優賞
ベティ・デイビス(札つき女)(倒れるまで)    
監督賞
ロバート・フラハティ、ゾルタン・コルダ(カラナグ)    

1936年(第4回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
ムッソリーニ杯
リビア白騎隊(イタリア)  
ムッソリーニ杯
Der Kaiser vor Kalfornien(ドイツ)    
主演男優賞
ポール・ムニ(科学者の道)   
主演女優賞
アナベラ(戦ひの前夜)    

1935年(第3回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
最優秀イタリア映画賞
おもかげ(イタリア)  
最優秀外国映画賞
アンナ・カレーニナ(アメリカ)    
主演男優賞
ピエール・ブランシャール(罪と罰)   
主演女優賞
パウラ・ベッセリ(女ひとり)    
監督賞
キング・ヴィダー(結婚の夜)    

1934年(第2回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
最優秀イタリア映画賞
テレサ・コンファロニエリ(イタリア)  
最優秀外国映画賞
アラン(イギリス)    
主演男優賞
ウォーレス・ビアリー(奇傑パンチョ)キャサリン・ヘプバーン(若草物語)   
主演女優賞
キャサリン・ヘプバーン(若草物語)    
監督賞
ダスタフ・マハティ(春の調べ)    
ヨゼフ・ロベンスキ(ながれ)    

1932年(第1回)
ベネチア国際映画祭 Venezia (ベネツィア) 受賞作品
最も楽しい映画賞
自由を我等に(フランス)  
最も感動的な映画賞
マデロンの悲劇(アメリカ)    
最も独創的な映画賞
ジキル博士とハイド氏(アメリカ)   
主演男優賞
フレデリック・マーチ(ジキル博士とハイド氏)   
主演女優賞
ヘレン・ヘイズ(マデロンの悲劇)    
監督賞
ニコライ・エック(人生案内)    
ベネチア国際映画祭TOP

ベネチア国際映画祭《 Golden Globe 》ハリウッド外国人映画記者協会 (Hollywood Foreign Press Association)【HFPA】
「ハリウッド外国人映画記者協会 (Hollywood Foreign Press Association)【HFPA】」に所属する
イタリアのヴェネチアで、毎年8月末から9月初旬に開催される映画祭。ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭などとも表記される。
獅子賞(最優秀作品賞)、銀獅子賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞があります。
第18回(1932年)の際に、映画部門を新設
1934年から1942年までは、最高賞が「ムッソリーニ賞」であった。第二次世界大戦のために1939年から1942年は参加作品が激減する。1950年代に多くの日本映画を世界に紹介した。


Yahoo!ブックマークに登録 livedoorクリップ はてなブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク del.icio.usに登録 newsing it! POOKMARK Airlinesaに登録する あとで読む




ソフトファミリージャパン ネット宅配レンタル

よくある質問


(C) 2011 SoftFamilyJapan Corporation. All rights reserved. SoftFamilyJapan.Corp